受け入れられないことの限界点はチャンスの証

苦しくてしんどいときって

その苦しさやしんどさにしか目がいってないんだよね。

 

そのことがよくわかる出来事があったので少しお話させてもらうね。

 

苦しくてしんどくて

どうにかしてこの苦しみからしんどさから抜け出したい

ってずっと思ってて。

いろいろやってみるんだけど抜け出すどころかドツボにはまっていく。

 

抜け出したいって以上に

そんな自分はダメ、あってはならない、苦しくないししんどくない。

 

そんな自分はダメ、あってはならない、苦しくないししんどくない

って苦しい裏では思ってるからこそ抜け出したいって気持ちになってゆく。

 

そんな風に

苦しんでる自分を認められてなかった。

だからこそはまりにはまったんだな。

と今思う。

 

あまりにもはまりすぎて底に辿りついてしまったときに、

もういいや

ってなった。

 

なにやっても変わらないし

私の力ではどうすることもできないし

どうせ苦しいならあらがうのをやめよう。

どうせしんどいならそのしんどいをしんどいことにしよう。

 

て思ったんだよね。

 

 

f:id:mi51torenia:20180105142647j:plain

 

そしたら不思議。

ムリに見え張る必要もなくなって

虚栄する必要もなくなって

そのまま苦しいしんどいがでたら

水の流れのようにその苦しさしんどさの中で

なんとか流れてた。

 

流れに乗れると

その苦しさしんどさもさほど気にすることがなくなった。

 

不思議でしょ。

 

でもね、ここ、重要。

 

しんどいことをしんどいことにしよう。

 

これがポイントだった。

 

しんどいのは分かってるんだけど、

それを受け入れられると

自分の中にその器ができてしんどいが許容される。

 

でも

しんどいは分かってるんだけど、

それを受け入れられないと

自分の中にあるべきものでないと思ってるから

自分から生まれたものなのに外へだそうとする。

外へだそうとしてもそれは自分の一部だから

是が非でも外に出されないようにより一層強固になる。

 

これが原理。

 

自分にとってあってはならない何かが起こったときに

抵抗せずあらがわず自分の本当の気持ちに身をゆだねてみるのもひとつの手。

その物事によるかもしれないけどね。

 

 

 

【HP】http://mi51torenia.jimdo.com 【FB】https://www.facebook.com/torenia2017 【line@】https://line.me/R/ti/p/%40tre8966p